058-323-0521

お問い合わせ

2017.01.08 新しい取り組み

着物リユース

お家に代々伝わる大切な着物や帯、先代様がご利用になられていた着物や帯、ご自身が小さいころに着てみえた想い出がたくさんつまった着物や帯、長い間タンスの中で眠ったままではありませんか?

日本間にも洋間にも合うような創作屏風や衝立(ついたて)、和額、掛軸、色紙掛にお仕立てすることによっていつ何時も目にすることができるようになり、今まで以上に想い出話に花を咲かせることができるでしょう。

何に仕立てるのか、また表に出したい柄部分などを聞き取りした上で、大切な着物や帯をお預かりし製作します。

同じ柄の着物はいくつかあるかもしれませんが、実際にご着衣してみえたものは世界にひとつしかない大切なものです。
事前の打ち合わせは綿密に行わなければなりません。

×JIKU(かけるじく)

cheap jerseyscheap nfl jerseys
wholesale jerseys

家庭行事は和室で行われてきました。

その中で床の間に飾る「掛軸」の役割はとても重要です。
昨今、住まいとくらしの西洋化に伴い、住宅様式が変化して和室や床の間が少なくなり、家庭行事を行われない家庭が増えてきました。
お互いの思いを伝え合う大切な行事を経験しないことで、家庭の絆が希薄になっています。

そこで「リビングで行う家庭行事」をコンセプトに新世代掛軸飾り「× JIKU(かけるじく)」をご考案します。

五節句や冠婚葬祭等、各家庭行事をテーマに「オブジェ×掛軸」をモチーフにしたスタンド式掛軸シリーズです。専用飾り台で、場所を問わず気軽にお飾りください。

カタログダウンロード