058-323-0521

お問い合わせ

どこにも負けない豊かな反物

裂地(きれじ)とは表具を施すために使用する布を指します。

完成品や仕立て直しの価格は、どのランクの裂地が使用されているかによっても変わってきます。

掛軸は絵や書を楽しむもの、その引き立て役として表具の裂地選びは重要です。

裂地は経糸(たていと)と緯糸(よこいと)によって創られます。
経糸と緯糸の色を変えることによって、柄を出していきます。

その糸の組み合わせ、どの糸が使用されているかによって価格が変わります。裂地の種類は数え切れないほど存在します。

大きく分類しますと、緞子(どんす)と金襴(きんらん)に分かれます。緞子は大きくは綿、混紡、正絹、上正絹、上正絹金襴に分けられます。
金襴は大きくは準金欄、中金襴、本金襴に分けられます。

裂地見本

下記画像をクリックすると裂地見本をご覧いただけます。

裂地の取り合わせ

国家検定一級表装技能士が本紙に合った裂地をセレクトします。
本紙と裂地を取り合わせることにより、掛軸は様々な表情を出してくれます。

仏事関連の画題や、霊場巡拝のご朱印などに最適な真の行(本仏表装)を例にご覧ください。

 

宗派により宗紋があります。その一部をご紹介します。

浄土真宗 真宗大谷派(お東)
大谷牡丹

 

浄土真宗 真宗大谷派(お東)
矢菱牡丹

 

宗派問わずお使いいただける
蓮華

浄土真宗 本願寺派(お西)
小内桐

 

浄土真宗 本願寺派(お西)
雲桐藤

 

日蓮宗
井桁橘

Copyright© 2016 Gifujikuso Co., Ltd. All Rights Reserved.